×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

認定看護師が働く職場

認定看護師が働く職場は多岐に渡り、手術の看護や救急の看護など一刻を争う現場も多々あります。死亡素因の多くを占める癌に対しても、乳がんの看護や化学療法の看護、がんによる激痛の看護など認定看護師の労働は多々あるようです。

認定看護師資格は看護師だけでなく保健師や助産師も取得することが出来るので、認知症ケアや不妊のケア、新生児集合療治や救急などのケアも行う事が出来るようです。なかでも感染の管理を行う認定看護師は大変神経を使う職業であることから、種々な分野に精通していることが望ましいでしょう。認定看護師という資格はその道のプロとして実証されたという証ですから、所得しておいた方が良いかもしれません。

繰り返しますが認定看護師資格は看護師の中でも技巧と識見を兼ね備えた者に贈られる免許です。資格学力試験を受講するまで様々な要件をクリアせねばならず、認定看護師資格は大変難しい学力試験と言っても良いでしょう。

認定看護師資格を取得したあとも定期的に更新学力試験を受けなければならず、それだけ価値の高い免許として広く認知されます。医師免許のように1度取得してしまえば終身、そのままという資格は時にトラブルの原因となりますから認定看護師資格のように更新制にすべきかもしれませんね。医師免許も更新制度を実践すると問題医師軽減や技術底上げなどプラス要素が多いと思います。まあその問題は置いておきまして、認定看護師について調べてみましょう。

看護師の勤務形態

看護師の勤務形態は、他の職種と比較すると特殊な上に就業先によっても異なっています。一般的に、2交代制か3交代制でシフトが組まれている事が多いはずです。

2交代制は約3割、3交代制は約7割となっていて、3交代制の病院が多いようです。2交代制の方が休日がふえるため、2交代制を希望する看護師が多いと言われています。2交代制は日勤と夜勤に分かれていますが、16時間と8時間と言うような変則的な2交代制も珍しくありません。

3交代制は日勤、準夜勤、深夜勤というようなシフトになっています。就業先により時間は異なりますが、日勤は8:30〜17:00、準夜勤は17:00〜0:00、深夜勤は0:00〜8:30という感じです。それに、当直は16時間などの長時間勤務となっていて、勤務中に仮眠をとることができるでしょう。

国の指針によっても月に8回までとなっていますが、それを超えてしまう場合が多いのが現状です。勤める病院の勤務形態によっては、非常に不規則な生活にならざるを得なかったり、過労になりがちなのも、看護師の離職率が高い理由の一つかもしれません。

看護師の勤め先

看護師の勤め先といえば、病院だと思うのが妥当でしょう。しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にも様々あります。保健所で保健師と協力し、地域の住民の様々なヘルスケアをするのも看護師の役割です。それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、大概の医療行為を看護師が行います。看護師の当直が16時間などにおよぶ長い時間の勤務で、勤務中でも仮眠をとれることになっています。国の指針では、月に8回までとされていますが、それ以上になってしまうことも多いです。

病院における看護師の勤務形態によっては、生活がとても不規則になってしまったり、過労になる人が多いのも、長続きしない看護師が多い理由のひとつと考えられます。看護師になるための国家試験は、年に1度催されます。看護師不足が深刻になっているわが国にとっては良いことに、直近数年において看護師資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を保っています。看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定の水準をパスできれば合格可能な試験です。看護師免許を取るには、何通りかのコースがあるでしょう。

看護師の資格を取るためには、国家試験を受験しなければならないのですが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護について勉強することが必要なのです。高校に進むときに衛生看護科に入学すると、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、一番早く、看護師の資格を得ることができるでしょう。

ですが、途中で看護師になりたいという気持ちがなくなっても変更するのは大変です。また、最低5年で試験を受けられますが、期間が短いので試験に向けた勉強や実習が不足するために合格するのが難しいともいえます。看護師が転職をするにあたっては、未来のことを考え、早めに行動することが重要です。それから、どんな点が大切なのかを決定しておいた方がいいでしょう。将来の自分をはっきり想像して、そのビジョンに合致した転職先の情報を集めるようにしましょう。

年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件も挙げておきましょう。修学旅行やツアーなどに随行して、いざというときの病院の手配などを行う看護師もいるのです。結婚して子持ちの人は土日が休みだったり、夜勤がない職場を希望しています。病院ではないところで働くには、働こうとするところに適した専門の知識を持っている認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用されやすい傾向があります。看護師国家試験に受かるよりも、看護学校の卒業の方が難しいと思う人も多いといわれています。看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、テストに通らなかったといったちょっとしたことで留年だそうです。それほどに厳しい学校を卒業し、国家試験も見事に合格した方には、できれば、看護師の職についてもらいたいですね。

日本全国の看護師の年収は平均すると、437万円ほどです。けれども、国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均して593万円ほどになります。公務員看護師は給料の上昇する率も民間より高く、福利厚生の点でも充実しているのです。準看護師の場合、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。産業看護師とは、企業に勤務する看護師を指します。看護師といったら病院、クリニックの印象が強いですが、医務室を置く会社もあり、そういう場所で働く人もいます。具体的な仕事内容やその役目は働く会社により、様々ですが、社員の健康を守り、そして、管理するというのは基本的な仕事でしょう。

産業看護師は働く人の健康のために保健指導をしたり、メンタルケアもして、うつ病の防止に努めます。産業看護師の場合は求人が一般に公開されていないため、ハローワーク等で見つけるのはほとんど不可能です。興味を持たれた方は看護師転職サイトを活用してください。転職サイトなら産業看護師の求人も掲載されることが多いです。看護士の求人情報は豊富にありますが、希望と一致する条件の求人があるとは言えません。看護師の資格を持つ人でとにかくどこでもいいから就職したいと思っている方は少ないです。できることなら、給料が高くて職場環境も良くて、夜勤の必要がない勤務先に就職したいと思う人が多いはずです。希望通りの病院などに転職するには、しっかり情報を集めることが重要でしょう。

看護師の勤務の形態は、他の職業に比べて特殊である上に職場によっても異なってきます。職場では一般的に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれていることが多いです。2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。ですが、2交代制の方が休みが取れるため、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。なぜ看護師になろうと思ったのかは本当に何をきっかけにして看護師になろうと思ったのかを交えるようにすると、イメージが良くなるものです。転職の場合、その理由はこれまでに経験したことを活かしたいさらに人の役に立つスキルを習得したいなど、前向きなイメージを持たせられるものにします。前の職場の批判や陰口は口にしないことが大事です。高齢化が進み、福祉施設であっても看護師のニーズは増してきているのです。さらに、大きな会社になると看護師は医務室にもいて、ストレスといった精神面のケア、もしくは、健康診断や健康面での相談を実施しています。このようなケースは、社員としてその会社に入社することもあるようです。